Pocket

普通の丈のシャツと比べ、なんだか難しそうなロングシャツの着こなし。ですが、チェスターコートが流行したことで、ロング丈のアイテムも手を出しやすくなったような気もしないでもないかも。
普通にシャツを着るのもなんだか芸がないなあと思えてきたら、今年はロングシャツにトライしてみてはいかがでしょうか。

トライしやすい!チェックのロングシャツ

1

出典:http://wear.jp

ブラックウォッチのロングシャツを羽織りとして着用。白スニーカーが爽やかです。
理系大学生の制服か?とみなされかねないチェックのネルシャツですが、ロング丈なら理系大学生の一群から一線を画すことができそう。
2

出典:http://wear.jp

こちらも先程と同じブラックウォッチのロングシャツ。チェスターコートとデニムジャケットによるアウターonアウターのインナーとして。
3

出典:http://wear.jp/

赤のブロックチェックのロングシャツ。ハットとネックレスを加えてシンプルに。
4

出典:http://wear.jp/

こちらも先程と同じ赤のブロックチェックのロングシャツ。ハット×ロングシャツ×ネックレス×デニム×白スニーカーと、アイテムは同じですが、フロントを開けて羽織りとして使うと印象が変わります。Iラインができるので縦のラインが強調されますね。
5

出典:http://wear.jp

こちらもほぼ同じアイテム。ハットをニットキャップにし、ブルゾンを羽織ったコーデ。ブルゾンを羽織ることで少し大人っぽい感じになります。
6

出典:http://wear.jp

普通の丈のチェックシャツにロング丈のチェックシャツを羽織った、なんとも上級者なコーデ。同系色なのできれいにまとまっています。柄on柄に躊躇している人にぜひとも参考にしてほしい着こなしです。

白シャツで爽やかに!

7

出典:http://wear.jp

デニムジャケットのインナーとして。ハイカットスニーカーやロングシャツはどちらも着こなしが難しそうなアイテムですが、デニムジャケットと黒スキニーという定番アイテムと組み合わせることで、シンプルながらもこだわりおしゃれ感が出ます。
8

出典:http://wear.jp

スヌード×リュック×スキニー×スニーカーという組み合わせの、真似しやすいロングシャツコーデ。普通の白シャツだと周りに埋没してしまうかもしれませんが、ロングシャツだと個性が出ます。
9

出典:http://wear.jp/

パーカーからロングシャツの裾をのぞかせたカジュアルなスタイル。ロングシャツをインナーにする場合は、スウェットトップスをオーバーサイズにするとバランスがとれます。
10

出典:http://wear.jp

ガウチョパンツを合わせたどこか中性的なスタイル。
11

出典:http://wear.jp/

白のワントーンコーデにボーダーの靴下で色を差した清潔感のある着こなし。ここまで白でまとめるのは少し勇気がいるかもしれません。先程と同じ白シャツですが、ガウチョパンツと合わせた着こなしとは、イメージがガラリと変わります。

その他ロングシャツコーデ

12

出典:http://wear.jp

生地感や色によって、ロングシャツは羽織るとコート風になります。きれい色のロングシャツを選んで色で遊ぶのも面白いかもしれません。
13

出典:http://wear.jp/

テーラードジャケットとのレイヤードで大人っぽく。普通丈のシャツからのはずしとしてもロングシャツは使えます。
14

出典:http://wear.jp/

カモフラジャケットのインナーとして。ロングシャツはどこかフェミニンな印象がありますので、カモフラなどの男くさいイメージのアイテムとのバランス調整役としても便利に使えそうです。

まとめ

以上、ロングシャツの着こなしをご紹介しました。ロングシャツのメリットを考えてみるならば、以下のような点にあるのかもしれません。

・きちんと感のはずし。
・フェミニンさがあるので、男くさいイメージとのバランス調整に。
・フロントを開けて着るとコート的に使える。

普通の丈のシャツはいいけど、ロングシャツはなんだか腰がひけるという人も、上のメリットをふまえてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。