Pocket

季節を問わずに旅行で観光することができる京都。風情ある街並みやお寺、神社はいつ見ても何度訪れても素敵なものです。しかし、いざ京都に行ったら観光地はどこに行けばいいのだろう?どの店がおいしいの?ってなりませんか?有名どこを周るのもとても楽しいですが、今回は京都に住んでいる現地人に聞いたちょっとした穴場スポットを紹介しちゃいます!では、いきますよー!

やっぱり最初は観光地でしょ!

南禅寺

2011_5_南禅寺・新緑_top1-thumb-700x467-17881出典:http://www.yaotomi.co.jp/

img_2出典:http://blogs.yahoo.co.jp/
『お寺の中のこのでかい建物は何!?』ってなるはずです。(笑)
これは水路閣と呼ばれており、滋賀県の琵琶湖から水を引っ張ってくるためにつくられたものです。南禅寺は禅寺のなかで最も格式の高いお寺です。場所など詳しくはこちらを見てください。

京都御所

201410201709086f9出典:http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/
ここは天皇が以前住んでいた場所です。外国人観光客からの評価も非常に高く、日本人なら一度は来るべきスポットです!一般公開日以外の観光には予約が必要なので、事前に確認して下さい。こちらをどうぞ!

貴船(きふね)神社

20121002004719633出典:http://banq.jp/42981
「氣生根(きふね)」とも書かれることから氣が湧いてくる根元の地として厚く信仰されています。また平安の女流歌人、和泉式部が参詣したことで有名な神社で、縁結びの神として若い人たちの観光客が多いそうです。詳細はこちら

紹介している数は少ないですが、また教えてもらい次第加えていこうと思います!

ご飯とちょっと休憩できるところ

半兵衛麩

img_0 出典:http://blogs.yahoo.co.jp/
創立320年のお麩、湯葉専門店。生麩の料理もあり京料理を味わうならおすすめです。予約は必須でお値段は3000円ほどです。見た目から美しいです。こちらからアクセスなどを確認してみてください。

ハイライト

IMG_0226-1出典:http://emunoranchi.com/
えっ!?京料理じゃないの?と思うかもしれませんが、そこに住んでいる人のおすすめを紹介させていただいてるので定食屋さんも紹介します!このお店はコスパがすばらしいお店です!近くに京都大学もあり、少し見学してからここに食べに行くのもありです!こちらをどうぞ!

Cafe SARASA

7253b832a27410f5adad4f711ea11dd9出典:http://blog.goo.ne.jp/
このカフェは京都のいろいろなところにあるので観光の休憩がてらに寄ってみてはどうですか?ランチもすごくおすすめですよ!お店情報はこちら

からふね屋珈琲

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://tabelog.com/
観光で疲れた時は、甘いものはどうですか?なんとここにはパフェが200種類以上もあるんです!8kg以上のものもあるので、みてるだけで面白いです!!関西を中心にチェーン展開しているのですが、とてもおすすめできます!場所などはこちら

最後に古着も紹介させてください!

milou(ミル)

m-108 出典:https://twitter.com/
メンズ・レディース共に取り扱っている古着屋さんです。河原町と烏丸の間にあるので、河原町に行った際に立ち寄ることができます。
Twitter:https://twitter.com/kyoto_milou

PERORI

jpeg4出典:http://folk-media.com/
モードとストリートを掛け合わせたテイストのお店。一点物の古着も仕入れたりしているので珍しいものがたくさんです。また、京都の街並みに合うような古着もあるのでぜひ!
Twitter:https://twitter.com/perori_kyoto
BLOG:http://perori-kyoto.blogspot.jp/

Reveille(リヴァリー)

1403011000643_2出典:http://kotonet.info/
ヨーロッパ・アメリカのヴィンテージものを中心に取り揃えている古着屋です。一点一点買い付けているため、服の「コンディション」はとてもいいそうです!なので少し古着に抵抗ある方も大丈夫です!!
HP:http://www.reveille.jp/


今回紹介させていただいたのは本当に少しですが、まだまだ魅力的な場所はあります!!
美しい街並みを味わうと同時に、実際にそこに住んでいる人がよく行くような場所に行ってみてはどうでしょうか?
ぜひ、京都を楽しんでください!!